秘蜜のブライダル~凌辱の花嫁~ プレイ動画 チュートリアル編

DMMゲームで大人気の乙女ゲーム「秘蜜のブライダル~凌辱の花嫁~」をのチュートリ-アル動画だよ♪ 目覚めたらあなたは人身売買を行うオークション会場に…記憶をなくしたあなたを買った-のは幼馴染4人と知らされる...


この物語は、フィクションです。 実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありま せん。 目を覚ますと、私は奇妙な場所にいた。 あなた: (……ここ……どこ……?) 謎の男: 「さあ、次なる商品は若い日本人女性!」 謎の男: 「本来なら市場に出回るはずはない素性のお嬢様 ですが」 謎の男: 「ある特別な事情で、こちらへ出品されました」 あなた: (出品ってどういうこと……しかも、私、どうして 檻の中にいるの……!?) しかも、体がまるで鉛のように重く、動かない。 謎の男: 「1000万円からスタートです!」 客: 「2000万円!」 客: 「3000!」 客: 「5000!」 あなた: (これ、何……オークション? まさか、売り物は 私……?) 私が入っている檻の横には、ティーセットや絵画 が麗々しく飾られている。 謎の男: 「5000万円が出ました! ほかにお手を挙げ になるお客様はいらっしゃいませんか?」 ???: 「1億」 会場がどよめく。 謎の男: 「1億が出ました。さあ、他には!」 客: 「1億1000万円!」 ???: 「1億2000万円」 客: 「1億3000万円!」 ???: 「1億5000万円」 謎の男: 「1億5000万円! もうお手は挙がりません か?」 客: 「2億!」 ???: 「チッ。2億5000万円」 あなた: (何なの……これ……いったい……人身売買? 私、売 られようとしているの?) 客: 「2億8000万でどうだ!」 謎の男: 「2億8000万円出ました!」 ???: 「3億!」 その声に会場中がどよめく。 謎の男: 「3億! さあ、他にはいらっしゃいますか?」 謎の男: 「いらっしゃいませんね!?」 謎の男: 「3億円で、落札!!」 その声を聞いた瞬間、私はフッと目の前が暗くな った。 あなた: (これは夢……きっと、悪い夢よ……) ???: 「目が覚めましたか?」 ふいに見知らぬ男性の顔が間近に見える。 あなた: 「えっ!?」 ???: 「良かった。丸一日以上も眠っていたんですよ」 ???: 「なかなか目を覚まさないので、心配しました」 あなた: 「あの、あなたは……誰?」 ???: 「は?」 篠沢智流: 「やだな、サトルですよ。 篠沢(シノサワ)智流(サトル)」 篠沢智流: 「まだ、夢の中ですか?」 あなた: 「ここは……どこ……?」 篠沢智流: 「どこって、あなたの部屋ですが……」 あなた: 「私は誰……?」 [貴方の名前を教えてください。] [姓:乙ゲー 名:乙子 と入力] [4:08] 篠沢智流: 「やだな。乙子さん」 篠沢智流: 「あなたの名前は、乙ゲー乙子さん」 篠沢智流: 「僕の奥さんじゃないですか」 乙子: 「奥さん?」 乙子: 「えっ、それじゃあ、あなたは私の夫なんですか ?」 篠沢智流: 「そうですよ」 篠沢智流: 「どうしたんです? 寝ぼけるにしても、ちょっ とヒドイなあ」 篠沢智流: 「僕のことを忘れるだなんて」 乙子: 「……乙ゲー……乙子……それが私の名前?」 篠沢智流: 「……乙子さん……?」 篠沢智流: 「様子が変だな。乙子さん、今日、何日だか分か りますか?」 乙子: 「……えっと、確か昨日は……あああっ!」 過去のことを思い出そうとした瞬間、激しい頭痛 に襲われ、私は悲鳴を上げた。 乙子: 「思い出せない……!」 何も……何も分からない……!」 篠沢智流: 「ええっ!?」 篠沢智流: 「乙子さん、落ち着いて、落ち着いてください」 篠沢智流: 「今、医者を呼んできますから!」

秘蜜のブライダル~凌辱の花嫁~ 倉嶋一樹 プレイ動画001

DMMゲームで大人気の乙女ゲーム「秘蜜のブライダル~凌辱の花嫁~」をを実際にプレ-イしてみたよ♪ 今回の動画は冷酷非道のホテル王”倉嶋一樹”との最初ストーリー5話分です☆ Sっぷりがたまらない倉嶋一樹とのその後が気になる人は実際にプレイしてみてね♪


柊修一: 「お嬢様を3億円で競り落とした方は、一樹様で す」 乙子: 「一樹さん、ですか……?」 乙子: 「でも……。人を買うだなんて本当なのでしょうか」 柊修一: 「……先ほども申し上げました通りです」 柊修一: 「あのオークションは、 市場では出回ることのないものが」 柊修一: 「売り物として出品される秘密のオークション」 乙子: 「秘密の……?」 柊修一: 「はい。非正規ルートで入手された幻の美術品や 絶滅危惧種の動物、著名人の私物」 柊修一: 「そして、あなたのように人間や臓器までが出品 されます」 乙子: 「人間……? 臓器……!?」 受け入れがたい事実に俯いていると、不躾にドア が開いた。 倉嶋一樹: 「この世の終わりのような顔つきだな」 柊修一: 「失礼ですが、お嬢様はまだ回復されておりませ んので……」 倉嶋一樹: 「自分が買った所有物の様子を見に来て何が悪い ?」 乙子: 「……え?」 ただそこにいるだけなのに、一樹さんの威圧感に 肩が震える。 乙子: 「あの、ありがとうございました」 乙子: 「一樹さんが助けてくださったんですね」 倉嶋一樹: 「助ける?」 倉嶋一樹: 「勘違いをするな。所有物が他者の手に渡るのを 防いだまでだ」 乙子: 「それでも、今ここにいられるのは一樹さんのお かげです」 倉嶋一樹: 「状況がわかっていないようだな」 倉嶋一樹: 「のんきなのは今も昔も変わらず……、か」 乙子: 「昔……?」 倉嶋一樹: 「あれはお前が8歳ぐらいの頃だ」 倉嶋一樹: 「前日の雨で川が増水しているのにも関わらず」 倉嶋一樹: 「どこかのバカは、のんきに川べりをお散歩して いた」 乙子: 「それは危ないですね」 倉嶋一樹: 「お前のことだ。バカ」 乙子: 「えっ」 倉嶋一樹: 「覚えていない、か」 倉嶋一樹: 「記憶喪失とは便利だな」 倉嶋一樹: 「もし、俺がお前の立場だったら、そういう設定 をつける」 乙子: 「どういう意味です?」 倉嶋一樹: 「財産目当てのニセモノが、乙子とすり替わろう とするなら」 倉嶋一樹: 「障害がふたつある」 そう言いながら一樹さんはソファに座り、長い右 足を左右にかける 倉嶋一樹: 「ひとつは、顔」 倉嶋一樹: 「俺たちは成長した乙子に会っていないから、ど うとでもなるが」 倉嶋一樹: 「柊はそうはいかない」 倉嶋一樹: 「だが、それには整形手術という方法がある」 乙子: 「整形で長年ともにいる執事を騙すことはできな いと思いますが……」 倉嶋一樹: 「どうだろうか。乙子は若い女だ」 倉嶋一樹: 「柊はなるべく主人の身体などは見ないようにし ていただろう」 柊修一: 「それでも、さすがに私を騙せるほど完璧な整形 手術は無理でしょう」 倉嶋一樹: 「遥真さんいわく元の顔立ちが似ていれば可能だ そうだ」 倉嶋一樹: 「たとえば、姉妹や従兄弟」 倉嶋一樹: 「あとは化粧でなんとでもなる」 柊修一: 「乙子お嬢様に姉妹や従兄弟はいらっしゃいませ ん」 倉嶋一樹: 「存外、本人が知らない腹違いの姉や妹がいたり してな」 柊修一: 「……」 倉嶋一樹: 「ふたつめの障害は、俺たちとの幼少期の記憶」 倉嶋一樹: 「さすがに全部覚えていません……。 では、通用しない」 倉嶋一樹: 「だが、記憶喪失なら、その問題はクリアだ」 倉嶋一樹: 「さあ、反論をどうぞ」 乙子: 「……」 乙子: (反論はできないわ……なにしろ私には記憶がない ……) 一樹さんから目をそらしたまま俯いていると── 倉嶋一樹: 「俺の目を見ろ」 乙子: 「っ……!!」 グイッと顎を持ち上げられ、一樹さんの顔が呼吸 を感じるほど近づいた。 倉嶋一樹: 「昔のことがわからないなら、数時間前ならどう だ?」 倉嶋一樹: 「誘拐された時、何をされた?」 乙子: 「ほ、本当にわからないんです……」 倉嶋一樹: 「多少は覚えているだろう?」 倉嶋一樹: 「お前、オークションで売られたんだぞ?」 乙子: 「気付いたら、あそこにいて、それより前のこと は何も、何も……」 情けなさと恐怖で、鼻の奥が痛み、視界がゆがむ。 倉嶋一樹: 「泣けば許してくれるとでも思っているのか?」 倉嶋一樹: 「俺はそんなに甘くない」 倉嶋一樹: 「どうなんだ。言え」 乙子: 「あ、あ……」 乙子: (あの会場に来る前……。私は……) 柊修一: 「一樹様! もうお止めください!」 乙子: 「うっ……」 何かを思い出そうとすると、こめかみの奥がズキ ズキと痛み出す。 倉嶋一樹: 「チッ……。まあいい」 倉嶋一樹: 「お前が本物かニセモノかわからないうちは、行 動を制限させてもらう」 乙子: 「えっ……」 倉嶋一樹: 「お前が本物かニセモノかわからないうちは、行 動を制限させてもらう」 乙子: 「えっ……」 柊修一: 「一樹様! それはいくらなんでも……」 柊修一: 「それに、お嬢様は本物です」 柊修一: 「整形だとおっしゃっても、さすがに仕草やお声 などでわかりますよ」 柊修一: 「私はずっと一緒にいたのですから」 倉嶋一樹: 「黙れ。お前には聞いていない」 倉嶋一樹: 「いいか。この女が俺の許可なくこの部屋から出 ることを禁止する」 あまりにも横暴な主張に、頭が真っ白になってい く。 倉嶋一樹: 「おい、聞いてるのか」 乙子: 「はっ……、はい……」 倉嶋一樹: 「お前は俺が買ったんだ」 倉嶋一樹: 「俺の言うことを聞くのは当然だろ?」 乙子: 「……」 乙子: (私は……。買われた……) 柊修一: 「お嬢様、私がついています」 倉嶋一樹: 「柊、お前もこれからは俺の命令に従ってもらう」 柊修一: 「私はあなたに買われてはおりません」 倉嶋一樹: 「俺が買った人間の執事なら同じだろ」 乙子: 「柊さん……。ごめんなさい、私……」 柊修一: 「私のことは気になさらないでください」 倉嶋一樹: 「それからもうひとつ教えておく」 倉嶋一樹: 「この部屋から出られたとしても、キングフロア からは出られないぞ」 乙子: 「キング……、フロア?」 倉嶋一樹: 「このハートジャックホテルの最上階のペントハ ウスのことだ」 倉嶋一樹: 「通常の客は絶対に入れない」 乙子: 「遮断されてるってことですか?」 倉嶋一樹: 「そうだ。この専用キーがない限りここに立ち入 ることはできない」 私に見せつけるように、胸元のポケットから1枚 の力ードを取り出した。 倉嶋一樹: 「このキーを持っているのは俺のほかに」 倉嶋一樹: 「さっきお前を囲んでいた遥真さん、智流、澪斗」 倉嶋一樹: 「あの3人はここに住んでいる」 乙子: 「そうなんですね……」 倉嶋一樹: 「だが、お前にはこのキーはない」 乙子: 「そんなっ……」 倉嶋一樹: 「当然だ。お前は住人ではない。俺の所有物だ」 倉嶋一樹: 「忘れたのか?」 倉嶋一樹: 「そもそも俺の許可がなければ、この部屋からも 出ることはできない」 倉嶋一樹: 「鍵などいらないだろう」 [8:52] [選択肢] 乙子: [1] 「もしもの時は」 [2] 「横暴です」 [3] 「……ええ」 [3]を選択 乙子: 「ええ……」 倉嶋一樹: 「どうした。いやに素直だな」 乙子: 「反論しても鍵はもらえないでしょうから」 乙子: 「その通りだ。お前、意外に理解が早いな」 倉嶋一樹: 「くれぐれも、おかしな行動はとるなよ」 高圧的に言い放ち、一樹さんは部屋を出て行った あと、 ふたりとも固く口を閉ざしたままだった。

秘蜜のブライダル~凌辱の花嫁~ プレイ動画 遊び方編

DMMゲームで大人気の乙女ゲーム「秘蜜のブライダル~凌辱の花嫁~」を実際にプレイ-してみたよ♪ 今回はこのゲームの遊び方をご紹介(´∀`) 目覚めたらあなたは人身売買を行うオークション会場に…記憶をなくしたあなたを買った--のは幼馴染4人と知らされる...


■アバターカスタマイズ じゃ、着替えようか。 メイクはどうする? ・髪型(2種類) ・顔(2種類) ・トップス(2種類) 準備はできた?服装や髪型はいつでも変えられるからね。 ■ミッション 【ミッション】が発生しました。 【ミッション】が発生したら【気品】や【アバター】でクリアする必要があります。 今回は私がサポートしますので、一緒に進みましょう。 今回の【ミッション】は【アバターミッション】です。 アバターを手に入れてミッションをクリアしましょう。 今回は僕がお手伝いしますので、そちらで購入してみてください。 [600ジュエルをもらいました] 「チュートリアル★プレゼント上掛け」を購入 無事に買えたみたいですね。早速着替えましょう。 [購入したアイテムに着替える] お似合いですね。これなら【ミッション】もクリアできます。 ■旦那様を選ぼう! あなたの婚約者となる男性を一人お選びください。 唯我独尊×エリート医師 「今日からお前は俺のペットだから」 藤咲 遥真(ふじさき はるま) 冷酷非情×ホテル王 「俺のことはご主人様と呼べ」 倉嶋 一樹(くらしま かずき) 最凶外道×ノーブル家元 「僕の言うこと、なんでもきけますよね?」 篠沢 智流(しのさわ さとる) 強引俺様×イケメン俳優 「口説いてねーよ、命令してんだよ」 松河 澪斗(まつかわ みおと) この方でよろしいですね?それでは、物語をお楽しみください。 ■ガチャを回してみよう! ・ジュエルで回せるジュエルガチャ  ジュエルを貯めてアバターをGETしちゃおう♪ ・お嬢様応援ガチャ  目覚めたばかりのお嬢様へ──  魅力をアップできるのは今だけ!